topics005 of 福徳学院テニス部

第34回全国選抜高校テニス大会出場に向けての抱負

2年生 主将 三毛 里佳子

三月ににある全国選抜では自分は初めて全国という舞台を経験します。
一年生の時初めて団体戦というものを経験しました。
しかし九州大会で自分に勝負が掛かりプレッシャーに押し潰されてしまい、負けて選抜の権利を勝ち取ることが出来ず出場出来ませんでした。その悔しさは今でも忘れません。
その年の選抜の決勝を見に行って私はその時に「こんな舞台で戦ってみたい、来年こそはこの舞台に立って戦う!」と決意し厳しい練習をしてきました。
そして昨年の九州大会で準優勝、全国選抜の権利を勝ち取りました。
自分がまだ経験したことの無い全国という舞台で緊張します。
しかし、どんなポジションでも自分が全力のプレーを出来るように、一年生の時みたいにプレッシャーに押し潰されないように頑張っていきたいです。
我慢強く、諦めずに自分のプレーを、九州大会二位という自信と誇りを胸に一つ一つ勝ちにこだわって上を目指していきたいです。
目指すは先輩達のベスト8を越えることです。

2年生 安田 幸穂

全国選抜に向けての抱負は、一試合一試合しっかり自分の力を出しきり、一球一球最後まで あきらめずボールを追いかけることです。
インターハイの時は最後までボールを追いかけ勝つことができました。
この経験を生かして、昨年、出場できなかった悔しい思いをバネに強気で戦っていこうと思います。
最後の全国選抜になるので悔いが残らないようにやっていきます。

2年生 中壽賀 萌子

全国選抜に向けての抱負は、堂々とプレーすることです。
今まで毎日きつい練習にも耐えてきました。たくさん辛いこともあったけどみんなで力を合わせてここまでやってきました。
なので、練習の成果を十分に発揮して最後の選抜で悔いの残らないように精一杯頑張りたいです。
どのポジションで出ても気持ちで負けないように引かずにプレーしていきたいです。
自分ら2年は去年出場出来ずに悔しい思いをしました。
なので自分はチャレンジャーだと思って少しでも上に進んでいけるようにチーム全員で力を合わせて頑張りたいです。
会場が福岡ということもあって、たくさんの方々が応援に来て下さると思います。
全国の壁は高いと思うけど、その声援に少しでも応えられるように、感謝の気持ちを忘れず強気で向かっていきたいです。

2年生 佐藤 絵梨

三月にある全国選抜では、自分はシングルス1として出て、他の高校の1の人と当たることになります。
周りがみんな強いのは当たり前。
だから気持ちで負けず、プレーでも絶対に引かないプレーをしたいです。
今まででやったことのない相手だから、自分が全力を出せるように、いいパフォーマンスができるように、最後まで諦めずに頑張りたいです。
個人戦でも、団体とは違う緊張感があると思うけど、その中で相手に最後まで食らいついていけるように、全力を出しきって戦って行きたいです。

1年生 高山 奈津実

私は中学校の頃から兄のこの全国選抜を見ていました。
いつかはあの舞台にたって、みんなの目を奪いとるぐらいの試合をしたいなあと思っていました。
そして今自分はその舞台にいます。
最初から優勝という目標ではなく、一戦一戦を必死にそしてみんなで力を合わせて戦いたいなと思います。
他県の高校の人達の力強さとプライドの高さなどどこが自分と違うのか、どんなプレーをしているのかなども勉強していきたいと思います。
自分も最高のパフォーマンスができる様に、そしてみんなから応援してもらえるようにしっかりあきらめず頑張って、そして勝利に貢献したいです。
8人の力を合わせて勝利をとっていきたいです。

1年生 西野 美保

全国選抜は、初めてで凄く緊張しますが、今まで練習してきたことを発揮し、1試合、1試合全力で戦って1つでも多く上に上がれるように頑張ります。
そして、全国選抜で経験したことや学んだことをこれからの練習に生かしていきたいです。

1年生 中島 ありす

全国大会の意気込み
とうとう全国大会まで1ヶ月をきりました。
後全国大会まで残された時間を無駄にせず、自分のできる事を精一杯し、日々の練習をもっと気合いを入れて取り組んで行きたいと思います。
全国大会では1球1球しっかり打っていきたいと思います。ひとつでも多く勝てるように頑張ります。

1年生 長嵜 晴香

選抜の目標は、一戦一戦を大切にしベスト4を目指すことです。
初めての全国選抜、自分のプレーに自信を持って戦って勝利を勝ち取って目標に向かって行きたいと思います。
またチームのために精一杯自分の力を発揮できるように頑張りたいです。