topics004 of 福徳学院テニス部

2011年全国選抜高校テニス大会九州地区予選に向けての抱負

3年生 梶谷 勇太

 2012年は大学生になるので、色々と大変な年になると思います。
 1年生は1番忙しい時期だと思うのでしっかりとやることをやって先輩達にも負けないように力をつけたいと思います。高校生活も残りわずかなので、無駄にしないように過ごしたいと思います。
 また、これからは、しっかり自分で考え、自分で行動すること。自分の気持ちをコントロールできるような人間になっていきたいと思います。それが成長させてくれると思います。今まで以上に自立したいと思います。
 今年の目標は大学で九州チャンピオンになることです。1年目から先輩達や同じ年代の選手に勝つ為に精一杯の努力をしたいと思います。

3年生 細川 雅希

 今年は、高校生活、3年間の締めくくりとなる年であり、大学という新たなステージでもあるとても大切な年です。残り少ない高校生活をどのように過ごすかを考えました。
 1つは、自分が今まで部活の中で学んだ事を後輩達に伝える事です。引退したら終わりではありません。これからは、出来るだけ多くのことを後輩たちに伝え、部活の中に自分の何かを残していきたいと思います。
 2つ目は、大学へ進学する上での準備です。大学での目標は、1年生でレギュラーをとることです。そのためにも、入学したその日から良いスタートを切ることが大切だと思います。今の時期に、技術面、フィジカル面、共に見直していく必要があります。
 そして大学1年生は、練習以外の仕事が厳しい為、考える事が多くなると思います。その中で、1年生の誰よりも強くなることを意識して練習していきます。
 今までの高校生活で、かけがえのないものを得る事ができました。そのことを忘れる事なく胸に秘めて、これから活かしていきます。そして大学に進んでも、今までお世話になった家族や先生、仲間に感謝し、謙虚に頑張ります。

2年生 主将 下條 亮

 今年は2年生から3年生になり、先輩も卒業してしまうので、2年生が後輩、これから入ってくるしん1年生をしっかり指導できるような良い先輩になれるようにする。
 テニスでは3年生になると、最後のインターハイ予選があるので、インターハイに出場できるように出来る限り悔いが残らないように努力していく。そのほかの試合でもベストの戦績が残るように気持ちで負けない1年にしたいです。

2年生 副主将  柳井 大貴

 自分の今年の抱負は、団体のメンバーに入り、インターハイに行くことです。そして個人では、上位にいけるように頑張りたい。副キャプテンとして、部活を盛り上げていけるように精一杯、努力していこうと思います。

2年生 村山 颯太

 自分の今年の抱負は、インターハイに出場することです。自分がインターハイにいくためには、まず、レギュラーを勝ちとることです。
 4ヶ月後にあるインターハイ予選までにできるだけの努力はしていきたいです。今は、下半身強化で走りこんで気持ちが弱くなったりするけど、そこをインターハイ予選のことを考えて自分のためだと思って、気持ちを強くしていきたいです。

2年生 水野 昇

 今年は3年生になり、高校生活最後の年になります。自分の目標は高校の大舞台、インターハイに出場することと、国体選手になることです。
 この2つは自分が高校に入学する前から、高校3年間で成し遂げたい大きな目標になっていました。
 もう3年生なので、チャンスは後1回しかありません。1年の時や2年の時はチャンスがまだあって、精神的にも3年生の人たちよりもモチベーションが違ったり、まだチャンスはあると思っていたけど、3年になったら、もうチャンスは無いし、他の学年の人たちよりもモチベーションもメンタル面でも、まったく違う精神状態で望まないといけないので、これからそういうことも考えて練習に取り組んで行こうと思います。毎日1日1日を無駄のない時間を過ごしたいです。

2年生 佐藤 健太郎

 今年の高校総体で最後の試合になるので、高校総体では、いい結果が残せるようにそれまでの練習を大切にして、悔いの残らないように頑張っていきたい。
 残り少ないので1日1日を大切にして、総体では、全力を尽くせるようにしたい。

1年生 亀井 貴之

 今年は2年生に上がり新しく1年生も入ってくるので1年生の手本となるように、テニスも生活面でもしっかりしていこうと思います。また、去年の自分の成績よりも良い成績をつくって、インターハイ出場など、全国大会にも出場できるように頑張りたいです。
 そのためにも、去年以上に自分に厳しくして、部活や学校生活に取り組んでいきたいと思います。

1年生 中原 健太

 今年は、周りから「技術は無いけど、なぜか勝つ」と言われる選手になりたいです。去年は、本戦に上がっても1回戦負け、予選落ちなど、自分が思うような結果がでませんでした。それには、自分の練習の仕方や私生活にも原因があると言われました。だから、今年は学校生活、私生活をちゃんと過ごすことは当たり前にして、テニスでは、みんなより努力して声を出して気合を入れて毎日を過ごしたいです。そして、今は結果がついてこなくても、絶対花は咲くと信じて練習したいです。
 今年は後輩も入ってくるので、後輩に負けないように、しっかり指導できるように、土台をつくって頑張りたいと思います。